にがい離婚談

誰でも離婚はできるならしたくないですが…

慰謝料問題、浮気相手への慰謝料請求は?

without comments

結婚2年で別居。同棲歴3年。
友人の知り合いの弁護士さんからは100万円から200万円が妥当ではないかと言われました。
精神的なダメージや浮気の回数、おつきあいの年月や結婚期間、支払能力などが考慮され決定されるそうです。
慰謝料の金額はケースバイケースという事なので機械的な計算は難しく、明確な基準はないそうです。
ただ、離婚していな場合に慰謝料を請求するよりも、離婚した場合に請求する慰謝料の金額が高くケースは多いという事にはびっくりしました。

そして浮気相手への慰謝料ももちろん請求できるそうですが、やはりこちらも算定基準はなく具体的な金額は決まっていないようです。
一般的には200万前後が多く、相手が不貞行為を認めて慰謝料を払ってくれれば問題はないのですが、もし相手が認めない場合は証拠を提出する必要があります。
裁判となると「証拠主義」となりますので証拠不十分な場合は、逆に憶測や推測であるととらえられ慰謝料の請求を破棄されてしまうどころか、
反対に相手から名誉毀損で慰謝料を請求されてしまう可能性があります。
こういったケースを防ぐためにも、興信所などに裁判に必要な「不貞の証拠」を集めてもらうのが良いと思います。

色々考えた末、私は夫に200万円の慰謝料を請求する事にしました。
夫がすんなり慰謝料の支払いに応じる場合は裁判は必要ないという事だったので、とりあえず夫にメールで慰謝料の金額を伝えると、
「金額が多すぎて払えない。もう少し金額を下げてほしい」と返信がありました。
私は「何も1人で支払ってという訳ではない、相手と合わせての金額を請求しているつもりです。二人で100万円づつ払ってもらえればと思っています」と、
もう一度夫へメールを返信しました。夫は浮気相手の慰謝料も自分が支払うと約束し、金額については後日また相談させてくれと言ってきました。
いきなりの請求で夫も時間が欲しかったらしく、夫の気持ちも考え待つ事にしました。

そして数回の話合いの結果、最終的には私への慰謝料の金額は100万円という事になりました。
一括での支払を希望していたので、ここは私も夫は支払える金額で折れる事にしました。
慰謝料をもらう代わりに、浮気相手への裁判などは起こさないでほしいというのが夫が出した条件でした。
本当なら会社へ乗り込み、夫と浮気相手の事をバラしてやりたい気持ちでいっぱいでしたが、
社会的信用を失わせる行為は慰謝料請求に不利になると考え、気持ちをぐっと抑えました。

夫はもう彼女の存在を私に隠すような事はありませんでした。
むしろ私より彼女を気遣い、彼女に火の粉が降りかからないように必死に守っているように見えました。
そんな夫を見ているとだんだん自分がみじめになってしまい、何もない部屋で泣いてばかりの日々でした。

Written by admin

1月 19th, 2014 at 4:15 pm

Posted in 離婚談